2012年06月10日

【イタリア旅行の注意点】ぼったくりに気をつけて!

イタリア旅行 注意点
0782.jpg

スリが多いといわれるイタリア。
イタリア人の気質、といえばそれまでかもしれませんが、
イタリア旅行に行くことが決まったとき、
ぼったくりにも注意しなさいと諭されました。

イタリア旅行の注意点といえるほどではありませんが、
日本国内で買い物するときもおつりは確認すると思いますが、
それはどこの国でも同じです。

空港のレジからお土産屋さんまできっちり
確認する癖をつけておきましょう。
レジを離れる前に、店員さんの見ているまえできっちり
数える方がベターです。

あと、今回参加した添乗員ツアー中に実際に聞いた話だと、
その話を教えてくれたのは女性2人組だったのですが、
ベネツィアのレストランで「女2人だからってなめられまい!」と
警戒してしっかり計算していたのでぼったくりからは免れたようでしたが
となりに座っていた外国人観光客の人が
ものすっごくふっかけられていたそうです。

もちろん、レストランではサービス料(チップ)として
食事代金の約10〜15%乗せてしはらうので、
その分ぐらいは多少必要だと思いますが、
必要以上に要求されるときはキチンと主張しましょう。

イタリア旅行 注意点
posted by イタリア旅行の注意点 at 22:39 | TrackBack(0) | イタリア旅行の注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イタリア旅行の注意点】イタリア旅行ではジプシーに注意して!

イタリア旅行 注意点
e-miyaco_2017841.gif
イタリア旅行中の注意点の一つは、
ジプシーや物乞いに出会ったら、絶対に無視!
お金を渡してはいけません、ということです。

管理人も驚いたのですが、
イタリア旅行中はいろんな都市で見かけました。
ベネチアでも、フィレンツェでも、ローマでも・・・

主に、道端に座り込んで、お金を入れる入れ物を
置いている人などがいます。

また、声をかけてくる人もいます。
フィレンツェではサンマルコ広場で座って
パニーニを食べている最中に
言葉なく近寄ってきて紙コップを差し出してきました。
フィレンツェでも似たような感じでした。
ローマでは、道を歩いているところ、
日本語で話しかけてきました。

話しかけられると、断り切れなかったりしますが、
はっきりNOという意思を示して問題ありません。

実際、添乗員同行ツアーに一緒に参加した人で
お金をあげそうになっていた方がいましたが、
キリがありませんし、その人を救えるわけでもありませんから
辞めておいた方が懸命だと思います。

イタリア語が出てこないときは英語で「NO!」といいですし、
首を振ったりするだけでもいいでしょう。

それでも困ったときは添乗員さんにヘルプをたのみましょう。


また、イタリア旅行でジプシーに注意しましょうというのは、
ジプシーはスリなど盗みも得意だといわれています。
添乗員さんの話ですと、ジプシーの言い分としては
「危害を加えているわけではない、分からないうちにいただいているのだからいいじゃないか」
といった考えもあるとか、ないとか・・・


イタリア旅行でこんな注意点があると
ちょっと怖い印象になったしまうかもしれませんが、
意思をはっきり伝える、怪しい雰囲気だったら離れるなど
気をつけていれば、きっと楽しい旅行となると思います。

それに
「お金を恵んでくれ」と何度も声をかけられた私たちですが、
イタリア旅行は楽しかったなーという印象ですから!

ぜひイタリア旅行を楽しまれてくださいね。


イタリア旅行 注意点
posted by イタリア旅行の注意点 at 02:20 | TrackBack(0) | イタリア旅行の注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

【イタリア旅行の注意点】スリに気をつけて!!

www11.atwiki.jp.jpg
イタリアは非常にスリが多い、と言われています。
管理人は今回のイタリア旅行ではスリの被害にあいませんでしたが、
旅行に行く前から周囲の方から色々と心配されました。

実際、イタリアに行ってみると、
添乗員さんからも、観光中にガイドさんからも
「スリに気をつけてください!」
と何度も言われました。

例えば・・・

ピサの斜塔周辺では、
「ジプシーのスリ集団がいるとの情報が入ってきましたので気をつけてください!」
とガイドさんに言われましたし(ガイドさん同士で情報を交換しているのですね!)

ローマのトレビの泉でも、
「コインを投げ入れるときが一番狙われやすいので気をつけてください!」
と言われました。
(コインに気を取られてお財布から意識が逸れやすいみたいです)

とにかく、観光地で人のを多いところでは気を引き締めておいてくださいね!

対策としては、
カバンは斜めがけバックを体の前に持つのがおすすめです。
リュックなど死角になる背中に持つよりも、前がいいです。

冬などの旅行であればコートや上着の下にバックを身につけるとよいかと思います。
posted by イタリア旅行の注意点 at 23:24 | TrackBack(0) | イタリア旅行の注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。